Menu

レーザーで視界を改善

女医

日帰りでOK

澄み渡ったキレイな青空を眺めましても、飛蚊症だと美しい景色も楽しめません。たとえ眼科の検査で問題はない診断された場合でも、視界の不良はそのままですから、慣れるしかないのが実情です。ところが、今では飛蚊症を軽減するレーザー療法が登場しており、これまで諦めるしかなかった飛蚊症でも、治療が受けられるようになっています。1回あたり片目に対して10万円前後など、費用は眼科によっても異なりますが、飛蚊症の浮遊物を減らせることから注目を集めている治療です。また、初回施術より一定期間内なら、割引価格で再治療を受けられるクリニックも見られるため、治療先を選ぶ際は、様々な観点から探してみましょう。そして、レーザーの軽減治療は日帰りで受けられる場合が多く、入院せずに済むことも好評になっています。施術も、治療を行う前に目薬タイプの麻酔を施してくれますから、痛みも殆ど感じないと評判です。飛蚊症の状態や眼科によっても違いますが、1回の施術は概ね30分ほどで終わり、その後は少し休むだけで帰れますので、丸1日を要さないことでも定評があります。治療の前には事前検査も行ってくれるなど、レーザー治療を受けられるかどうかも大概診断してもらえます。検査だけなら数千円もあれば済む場合が多いため、前向きに検討している時は、検査だけでも受けてみると良いかもしれません。まずは飛蚊症のレーザー治療を行っている眼科を調べて、症例数が多い人気のクリニックなどをチェックしてみましょう。