Menu

目の中に浮遊物が見えたら

目元

生理的なものと病的なもの

目の前に何も無いのに、虫が飛んでいる様な経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。それはもしかすると飛蚊症かもしれません。飛蚊症は名前の通り、蚊が飛んでいる様に見える病気です。視界の中にゴミが浮いている様にも見え、透明で細長い紐の様な形やリング状になってあるものもあります。そんな飛蚊症ですが、生理的なもので治療の必要がないものと、病的なことが原因で起きてしまうものがあります。後者の場合は出来るだけ早く治療を行わないと最悪の場合失明を招いてしまうことも考えられるので注意が必要です。生理的な飛蚊症としては加齢によるものがあります。眼球の中には、透明でゼリー状の組織が入っていますが、これは硝子体と呼ばれほとんどが水分で出来ています。また、硝子体の中には水分だけではなく、ほんのわずかな線維が含まれているでしょう。若い頃は硝子体は透明で濁りなどない状態ですが、年齢が進むにつれ線維と硝子体が分離をし濁りが生じてしまいます。その結果、視界の中にごみの様な物が浮いている様に見えてしまうでしょう。この場合は特に何もしなくても問題がありません。問題は病的な場合です。病的なものとしては網膜に穴が開いている網膜裂孔や網膜が剥がれてしまう網膜剥離などの場合にこの様な症状が起きてしまいます。とくに痛みなどありませんが、そのまま放置をしていると最悪の場合失明などになってしまう場合もあるので、気になる症状がある場合は眼科に行くことをおすすめします。