Menu

治療することも可能

女性

基本的には治療はしない

飛蚊症は糸くずや蚊のようなものが動いて見える症状で、この症状が発症することで煩わしさを感じている人は多くいるようです。飛蚊症を何とか治したい、病院で治療することができるのかと疑問に感じている人もいるでしょう。この飛蚊症の症状はそのまま放置しても問題ないとされています。そのため眼科で診察を受けたとしても、飛蚊症と診断されるだけで特に治療をしないこともあるようです。レーザー治療によって症状を軽減させる方法もありますが、一般的には特別な治療はしないと考えておきましょう。ただ、一般的な飛蚊症ではなく硝子体出血やぶどう膜炎謎の病気になったことによってこの症状が現れることもあるので、飛蚊症が気になった時には一度眼科で診察を受けることが大切です。他の病気の心配もなく一般的な飛蚊症と診断された時には、 日頃の食生活や生活習慣を見直して進行を止めることも重要です。飛蚊症の多くが目の老化によって起こるため、この老化を促進させる紫外線などには注意が必要です。外に出るときには UV カットができるサングラスなどを着用するのも良い対策となるでしょう。サプリメントを利用して、目に良いとされるルテインを摂取する、パソコンやスマホなどの利用頻度を減らすことも大切です。十分な睡眠をとるなど規則正しい生活をして、目に優しい生活をすることで飛蚊症の進行を遅らせることができます。飛蚊症は時間と共に慣れてきて症状が現れていても徐々に気にならなくなります。進行を止められるような日頃のケアによって煩わしさも徐々に薄れてくるでしょう。